わたしと息子の小さな暮らし

母1人、子1人。モノ、家計管理、価値観、人間関係のシンプル化をすすめています。

年を重ねてからの断捨離は精神的にも体力的にも大変だということ。

こんにちは。

今日はわたしの仕事の話を。



わたしは高齢者(主に70〜90代)のお宅を訪問する仕事をしています。



高齢になるにつれ筋力やバランス能力が低下してくるので、絨毯や畳のヘリにすら引っかかり転倒してしまう事もあります。



それに加えて
日中家族が働いている間は1人だったり、そもそも1人で生活している方もたくさんいらっしゃいます。



そのためお宅に訪問すると
30分も前から転んでいたけど起き上がれなくて鼻血を出しながら待っていた。なんて事もあるわけです。




ミニマリストやシンプルライフという言葉に出会い、自分自身断捨離を始めた頃。

その話をしてみると

『今の若い人はまだ使える物でもなんでも捨てる。私たちは物がない時代を生きてきたから、そんなに簡単に物を捨てられない。』

またある人は

『羨ましい。掃除をしたいけど、体がそこまで動かない。だから子ども達に死んだら捨ててもらうしか出来ない。申し訳ない。』

と言っていました。

その人その人によって物を捨てる基準は違います。ですが、物で溢れた部屋でいつまた転ぶか分からない人達を見て、捨てるまでいかなくても、整理するという事の大切さを感じます。


時に物は凶器にもなりえます。


そのためにガンガン物を捨てろというわけではなく、少しずつでも部屋の中を整えていく事で、高齢者の方はもちろんわたし自身や子どもも安全に暮らしていけるのかな。と思います。



ではまた。
訪問してくださりありがとうございます♡

よければ応援お願いします((( ⍥ )))

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(20代)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 子供と二人暮らしへ
にほんブログ村